編入のススメ(高専のススメ)

工学のお役立ちソフトから高専から大学への編入試験についての記事も取り扱っています
<< 勉強を始める時期、低学年時の勉強法 | TOP | 過去問解答例配布サイト紹介 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
過去問

志望校の過去問は解かなくていいです。
ただしこれは全ての大学に適用される話ではありません。
毎年同じような問題が出ている場合などはもちろん別です。
それと専門科目に関しては、念入りに過去問をやっておくといいと思います。
なぜなら専門科目は出題範囲が限定的なので、問題パターンがたいして無い場合が多いからです。

旧帝以上の過去問を見てみると、力学は毎年出てるとか、たまに光学が出る等の傾向が見えますよね。
でも同じような問題が出ているなんて事はありますか?
たまに数学の積分なんかで出ている場合もありますが、基本的には出ていませんよね。そういう事です。

私は最終的に英語、数学、物理、化学の4科目に絞って志望校を決めたので専門科目はありませんでした。
したがって私は志望校の過去問は一切解かずに試験に臨みましたが大丈夫でした。

でも志望校の過去問を解かなくても良いとは言いましたが、解答がある場合は別です。
解答のある過去問は志望校うんぬん関係なしに解きまくりましょう。
やはり実戦が大事というか過去問を解くとモチベーション向上にも繋がりますしね。
でも解答が無い過去問は私は絶対に解きませんでしたね。
合格へのコツは解答つきの過去問を解きまくる事だと思います。
そのために解答を集める必要があります。
高専によっては先輩方が解答例を残してくれている場合もあるらしいですね。うらやましい・・・。
そういう状況に無い方はwebサイトなどで集めましょう。
編入試験は情報収集能力も合否に大きく関わってきます。

今度は過去問解答配布サイトなども紹介していきたいと思います。

21:24 | 編入試験対策勉強法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
21:24 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kousensusume.jugem.jp/trackback/18
トラックバック

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--