編入のススメ(高専のススメ)

工学のお役立ちソフトから高専から大学への編入試験についての記事も取り扱っています

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
編入試験おすすめ参考書-英語-
TOEICテスト新公式問題集 Vol.3 (3)
大型本
Educational Testing
国際コミュニケーションズ・スクール
平均評価:評価:5.0



自分の英語力をはかるのに最も適しているのはTOEICですね。(留学経験のある方達からするとTOEICは簡単すぎて指標にならないそうですが^^;)
TOEICには英作文が無いなど、編入試験での英語とは多少異なります。

じゃあTOEICなんて意味ないんじゃないの?
と考える方もいると思います。

しかしTOEIC900点の人が編入試験英語が半分も解けないなんて事あると思いますか?

そんな事は無いでしょうね。というわけでTOEICでの高得点を目指しましょうw
TOEIC受験という目標ができると、勉強のモチベーション向上にも役立ちますし実力試しにもなります。

今回紹介した問題集は唯一の公式出版になります。

TOEICは過去問を公開していませんが、この本にはTOEICを実際に作っている方々が本番形式でテスト問題を2回分掲載してあります。

やはり信頼できる問題と解説というのが、この問題集の最も良いところです。
それに解説も丁寧で、この問題はこういう考え方で解けばいいのかという事が分かります。

TOEICの試験前にこの練習テスト問題を解くだけでも、点数が上がりますよ。
TOEIC対策本は氾濫してますが、解説に信憑性の薄いものも多いですから注意しましょう。

08:36 | 編入試験おすすめ参考書-英語- | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
編入試験おすすめ参考書-化学-

 

化学系以外の専攻の人にとってネックとなる化学。
多くの大学の編入試験科目に含まれていますが、化学が専門科目に置き換えられている大学も多いです。
化学が試験科目にある場合は、化学は捨てるという選択肢もありだと思います。
大学側も化学系以外の専攻の方が化学が苦手であるという認識は持っていますので、1〜3割程度でも他科目ができていれば合格という形にする大学(旧帝国大学含む)が多いです。
しかしもちろん他の人が苦手であるという事は逆に点数を稼いで差をつけるチャンスでもあります。

でも何からやっていいか分からない。
という方にこれをお勧めします。この本は多くの大学受験生が持っている定番本です。
しかし全ページ独学でひたすら読んでいくのはしんどいので、以下の演習本をやっていき分からない箇所を確認する作業という形での使用をお勧めします。

解法と演習 新化学1B・2
単行本
上地 真一
数研出版
平均評価:評価なし
16:42 | 編入試験おすすめ参考書-化学- | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
LaTeX

 第3回おすすめソフト紹介。
今回も有名なので知っている人は多いと思います。

前回綺麗なグラフ描画をしてくれるgnuplotを紹介しましたね。
でもグラフだけ綺麗でも、ワープロで作ったレポートって正直ダサいです。

続きを読む >>
03:47 | 役立つソフト紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
編入受験Blog紹介
本日は編入を目指す皆さんのBlogを紹介したいと思います。

同じ目標に向かって頑張っている人のBlogを見る事はモチベーションアップに役立ちますよ。
続きを読む >>
01:13 | 編入試験に役立つサイト | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--